【プラ3スター】プラ3スター プレミアム 1ダース(箱入り)【Nittaku(ニッタク)】

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

当サイトの使い方は以下で解説しています。




友だち追加
LINEでのお問合せを開始しました。
※ラケット選びのご相談は専用フォームよりお願いいたします。
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


※実店舗営業日であっても、通販担当不在の場合、休業日とさせていただております。予めご了承くださいませ。

ご注文は24時間受付しております。

【5月以降の出荷ができないお日にちについて】
5/2・11・19・26・6/6・16・24
店舗休業日となります。全ての業務が停止致します。

6/20-22:担当スタッフ不在のため、出荷業務ができません。

ホーム tatsumisports 取扱商品
ホーム 卓球ボール・メンテナンス用品
ホーム 卓球ボール・メンテナンス用品 ピン球
【プラ3スター】プラ3スター プレミアム 1ダース(箱入り)【Nittaku(ニッタク)】

こちらはお得なダース売りになります。

NB-1301(12個入)
プラ3スタープレミアム
PLS 3-STAR PREMIUM
MADE IN JAPAN
¥4,320+税

12個入

カラー 白
素材 プラスチック
サイズ 40mm





以下、メーカー説明となります。

高品質!MADE IN JAPANのプラスチックボール

長年の実績と信頼。ゆるぎない品質。
徹底的に研究し、ていねいに選び抜いた高品質の40ミリ硬式公認球。

※ 注釈・・・「セルロイド」という表現について
広義では「プラスチック」に含まれるが、 本項では卓球界での一般的な表現にならって「非セルロイド」を「プラスチック」とします。

国際卓球連盟(ITTF)はボールの素材について、100年以上続いたセルロイドを禁止し、非セルロイド(プラスチック)に移行する方針を2011年に決定。
2014年7月1日以降の主催大会では、プラスチック製を採用することになった。
日本製ではニッタクがいち早く、ITTF・JTTAからの公認を取得した。
国際卓球連盟(ITTF)公認番号【ITTF-116-B-03/14】
(公財)日本卓球協会(JTTA)公認番号【231404-NTB-01】

\型方式: 射出成型(肉厚を均等にすることに優れた成型方法)
⊆鑪   :シーム(つなぎ目)あり
※ 参考文献「卓球 知識の泉」(藤井基男、卓球王国発行)

卓球の歴史、ボールの歴史
卓球は1880年代にイングランドで誕生。
当時流行していた「ローンテニス」を、産業革命の成功で力をつけた上流階級が、その広い屋敷の中の大きなダイニングテーブルの上で楽しんだのが始まりと言われている。
テニスボールから派生して、小さなゴム製ボールやシャンパンのコルク栓を丸めたボールが登場したが技が限られ、ラリーが単調で面白みに欠けるため、やがて卓球の人気は次第に衰退した。
これを救ったのがセルロイドボールの登場だった。
1900年(明治30年)イングランドのジェームス・ギブ氏が渡米。
おもちゃのセルロイド球を持ち帰った。
セルロイド球ならではの心地よい打球感、適度なスピードや回転から生まれるラリーの面白さが人気となり、卓球がイングランド中へ、やがて、ヨーロッパ、世界へと広まっていく大きなキッカケとなった。
その良し悪しが競技そのものの運命を左右するほど、ボールというものが重要な存在であることを物語るエピソードである。

なぜボールは『プラスチックボール』になるの?
卓球は1988年ソウル大会から五輪種目となりました。
卓球が五輪種目として存続するためには、競技にまつわるマイナス要素を排除することが重要で、ITTF(国際卓球連盟)は「セルロイドには爆燃性があり、危険性は否めない。
今後ボールの素材には使わない。」という決断を下しました。
また天然素材のために供給が不安定で、近年良質なセルロイドが入手困難になっているという状況も起こっていました。
様々な理由から、100年以上続いたセルロイドボールは、舞台を降りることになったのです。

公認制、ボールへの厳しい規程
ITTFもJTTAも卓球用具についてはルールを定め、メーカーに対して公認制をとっているが、中でもボールに対しては格段に厳しい基準を設けている(下表)。

また、 ITTFの厳格な検査項目をクリアすればよいかというと、それだけでは消費者に受け容れられるためには不十分、というところにボールという製品の難しさがある。
数十年前にITTF認可のプラスチックボールが出回ったが、すぐに姿を消した。
愛好者たちを満足させることが出来なかったからと考えられる。
セルロイドボールが長年にわたり支持され、人々が卓球に惹きつけられてきたポイント。
それは、何よりも狄潅呂茲ぢ乃經〞である。
ニッタク「プラ 3スター プレミアム」は、精度の高い加工が極めて困難とされているプラスチック素材を採用しながらも、その打球感を実現することに成功した。
厚さ0・5ミリという薄い生地への加工・溶着技術、空洞では実現しにくいとされる真球(完璧な球体)度の高さ、表面段差の極小化、強打・衝撃に耐える強度と柔軟性、バウンドしてもぶれない、といった高い目標水準をクリアすることで”心地よい打球感“を手に入れた。



本商品は店頭においても販売しております。
在庫管理は迅速に行っておりますが、店頭完売の場合、即日のご用意ができない場合がございます。
また、メーカー品切れの場合、ご用意にお時間がかかる場合、ご用意ができない場合がございます。
予めご了承いただきますようお願いいたします。
また、お電話(078-911-5148)にてお問い合わせいただければ、その場での在庫確認が可能です。

【プラ3スター】プラ3スター プレミアム 1ダース(箱入り)【Nittaku(ニッタク)】
型番 NB-1301
定価 4,752円(税432円)
販売価格

3,802円(税346円)

購入数


店舗紹介