会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら

当サイトの使い方は以下で解説しています。




2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031


※実店舗営業日であっても、通販担当不在の場合、休業日とさせていただております。予めご了承くださいませ。

ご注文は24時間受付しております。

7/15・8/16・17:店舗休業日となります。全ての業務が停止いたします。

7/6・9:担当スタッフ不在のため、出荷業務ができません。



ソフトテニス競技者、後衛さんが一度は使ってみたい、と思う一本シャフトラケットについて少し詳しく掘り下げてみました。よければご覧下さい。
※テニスラケットに関しては、皆様それぞれご意見がございます。
当店のこのページの説明だけがすべてではなく、一意見として、参考程度にご覧いただければ幸いです。



店頭でよく、中学生、高校生のお客様に
「2本シャフトと1本シャフトはどう違うの?」
と質問を投げかけられます。

一言でいうのが難しいのですが、少し書いてみようと思います。

まず、1本シャフトとは、ラケットにスロート(イチョウ)部がなく、シャフトが1本のラケットのことです。
シングルシャフト、クローズドシャフト、という風に読んでもいいかと思います。
YONEX、MIZUNOなど、ソフトテニスラケット大手メーカーには後衛向けラケットとして、かならず数機種はこのタイプのラケットがあります。


このタイプのラケットの利点としては...
・しっかりとストロークできる方が芯で捉えたボールは独特の重さをもつ。
(2本シャフトのそれよりも重く感じやすい。)
・しなりが大きく、球を持つ時間を作れることで、広範囲に打ち分けられる。


逆に欠点としては...
・オフスポット(芯を外した場所)で捉えたボールはコントロールができない。
(ラケットのねじれが2本シャフトよりも大きく、面安定性にが悪いため。)
・速い展開のときに、しっかりとストロークができないとボールがきっちり飛んでくれない。
(2本シャフトの方がいろんな場面で対応がしやすい)

もっと細かい点もありますが、ざっと書くとこのような感じになります。



芯で捉えたとき、下半身からしっかり体全体を使って打ったボールは、本当にそれ独特の
良さがあり、2本シャフトでは出せないボールだと思います。

いまどきの表現をすると「エグい」ボール、といったところでしょうか。
ただし、今販売されているほとんどのラケットはとても性能がよく、上半身だけで振っても
簡単にボールは飛んでくれます。そのような感覚で1本シャフトを使用すると、ボールを飛ばす
こと、コントロールをすることは難しいと思います。

裏を返せば、しっかりとしたストロークを身につけるために1本シャフトラケットは最適であるといえます。
しっかりとラケットを振るのが難しいのであれば、全長の少し短いラケットをチョイスし、練習
してみてください。

当店のおすすめしているカスタムフィットシステムを使用し、少しでもバランスが軽いラケットを
つくってしまうのもありです。
240gのヘッドライトでi-Nextage 500 や 700を作製いただければ、操作性のよいラケットが仕上がります。
どうしても1本シャフトを使いたい!という方は上記カスタムをお勧めします。
店舗紹介